年末年始番組

レコード大賞にBTSはおかしい!?日本の歌手でやるべき!?




この記事では、「レコード大賞にBTSはおかしい!?日本の歌手でやるべき!?」について、書いています。

毎年、年末に放送される「輝く!日本レコード大賞」ですが、2020年の放送回に大人気韓国アーティストグループのBTSが韓国から2曲披露されるようです。

これには、喜びの声と批判の声が飛び交っています。

詳しく見ていきましょう。




レコード大賞にBTSはおかしい!?日本の歌手でやるべき!?

韓国の男性7人組グループ・BTSが、30日にTBS系で生放送される『第62回 輝く!日本レコード大賞』(後5:30~10:00、東京・新国立劇場)で韓国から2曲披露することが決定した。引用 Yahoo!ニュース

レコード大賞にBTSが参加することで、なぜ批判が出ているのでしょうか。

理由としては、「輝く!日本レコード大賞」という番組名が関係しているようです。

日本の歌手だけでやったら、と思う
「日本」レコード大賞なんでしょ?引用 Yahoo!ニュース みんなの意見

日本レコード大賞であるのに、なぜ日本以外のアーティストが含まれるのかという意見が多いですね。

それならば、過去にも海外のアーティストでレコード大賞を獲得するべき人はもっとたくさんいたという意見もあります。

 

確かに日本レコード大賞なので、そのような考えになる方もいますよね。

中には「やらせや忖度があるのでは?」との声もあり、その記事こちらで詳しく解説しています。

レコード大賞のやらせはいつから!?疑惑の真相を徹底調査!

BTSは日本でも大人気を誇っていますし、賞を受賞するぐらいの人気や知名度もあります。

ただ、レコード大賞側が明確な審査の基準ノミネートの条件をはっきりとさせておくことが必要です。

近年では、レコード大賞の信頼度も減ってきてしまっているので、これからまた復活させて欲しいですね。



レコード大賞に対してのみんなの声

レコード大賞にBTSはおかしい!?日本の歌手でやるべき!?まとめ

今回は、「レコード大賞にBTSはおかしい!?日本の歌手でやるべき!?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・日本レコード大賞なのに海外のアーティストは対象なのが疑問

このようになりました。

レコード大賞は、伝統のある番組なので、また原点に戻って世間の目や信頼を取り戻して欲しいと思います。