テレビ番組

マヂカルラブリーは面白くない!?M1の審査基準が曖昧?




この記事では、「マヂカルラブリーは面白くない!?M1の審査基準が曖昧?」について書いています。

2020年12月20日(日)に行われた「M-1グランプリ2020」でマヂカルラブリーが優勝しました。

これには、祝福の声と疑問の声が上がっており、「面白くない」「漫才なのか?」とのコメントもあります。

早速、見ていきましょう。




マヂカルラブリーは面白くない!?

「M1グランプリ2020」で優勝したマヂカルラブリーが「面白くない」と言われていますが、実際のところどうなのででしょうか。

このネタを見ると、 ボケの野田クリスタルさんとツッコミの村上さんの相性の良いネタが披露されており、審査員にもウケていますよね。

「面白くない」と言われてしまっているのは、漫才よりもコントに見えてしまっているためだと思います。

M1を楽しみにしている方の中にはコントではなく、漫才を観たいという方も多く、そのつもりで観た際に漫才感がなかったことが原因と考えられます。

去年優勝したミルクボーイは誰が見てもわかりやすい漫才であり、その上面白かったので、大会後も好評のコメントが多くありました。

また、マヂカルラブリーがコントならば、2018年のM1グランプリを優勝した霜降り明星「コントなのでは?」との声もありました。

漫才の形にも様々な形があるということですね。

漫才とわかりやすいネタもあれば、わかりにくネタもあると思うので、今回の件は難しい問題ですね。



M1の審査基準が曖昧?

今回の漫才かコントかの件で、「M1の審査基準にも問題があるのでは?」との意見もあります。

M1の公式では、審査基準は、”とにかくおもしろい漫才”とあります。

“とにかくおもしろい漫才”

引用 M1グランプリ公式

なので、漫才出なくてはなりませんが、漫才かコントかの区別は難しいのかもしれませんね。

ただ、審査員の方も漫才とコントの区別は付く方だと思うので、今回のも漫才なのかと思います。

人それぞれ感じ方は違いますが、優勝したのはマヂカルラブリーなのでこれからも頑張ってほしいですね。

マヂカルラブリーは面白くない!?M-1の審査基準が曖昧?まとめ

今回は、「マヂカルラブリーは面白くない!?M-1の審査基準が曖昧?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・漫才とわかりにくく、面白くないと言われている

・M1の審査基準は「とにかくおもしろい漫才」

このようになりました。

漫才にも様々な種類があることや今回の件で、お笑いの奥の深さもわかったので良かったですね。