プロ野球

巨人がソフトバンクに負けた理由とは?調整力や育成が原因!?

2020年シーズンのプロ野球の日本シリーズが終わり、結果は福岡ソフトバンクホークスが日本一となりました。

その中で、話題を集めているのが巨人がソフトバンクに1勝も出来なかった理由です。

様々な意見がありますが、1番の原因となるのは何なのでしょうか。

今回は、「巨人がソフトバンクに負けた理由とは?調整力や育成が原因!?」について、見ていきます。

巨人がソフトバンクに負けた理由とは?調整力や育成が原因!?

プロ野球の日本シリーズの第4戦が25日、福岡のPayPayドームで行われソフトバンクが巨人に4-1で逆転勝利して4連勝、4年連続11度目の日本一を果たした。2年連続の4タテ勝利は史上初。一方の巨人は2013年の楽天とのシリーズ第7戦以来、球団ワーストタイ記録の9連敗となる屈辱。巨人の大物OBでヤクルト、西武で監督を務めた広岡達朗氏が敗因として指摘したのは、「準備力」、「捕手力」、「育成力」の3つの違い。「OBとしてショックだ。フロントを含め原監督以下のコーチ、選手は謙虚に反省せよ」と苦言を呈した。

引用 Yahoo!ニュース

2020年の日本シリーズは、ソフトバンクの4連勝で終わりましたが、巨人のOBの方はこのような敗因を分析されていました。

「ソフトバンクとはパワーが違った。投手陣の形にしても違っていた。だが、なぜ負けたかと問われると、力の差というよりもチームコンディションの作り方の失敗だったと思う。つまり準備力、調整力の差だ。日本選手権(日本シリーズ)という短期決戦は、決して戦力のあるチームが勝つわけではない。もし私が監督なら、この戦力でも、こんな負け方はしていない。原は選手の使い方がわかっていない。打順にしても、ようやく4戦目にして動いたが、めちゃくちゃだった」引用 Yahoo!ニュース

巨人がソフトバンクに負けた理由としては、

・準備力

・調整力

この2つであると巨人のOBの広岡氏は仰っています。

多くの方がそれぞれ意見があると思いますが、プロ野球のOBの高木豊さんや田尾安志さんも自身のYouTubeチャンネルで、解説しているので見てみてください。

【高木豊さんの解説】

【田尾安志さんの解説】

また、個人的には元ロッテの里崎智也さんのYouTubeチャンネルで日本シリーズの1試合ごとの分析をしていて、わかりやすかったですね。

【里崎智也さんの解説】

今年は、ソフトバンクの強さが目立つシーズンとなりましたが、新型コロナの影響もあった中で、ファンも楽しめた良いシーズンだったと思いますね。

また、来年のプロ野球がどうなるのか楽しみですね。

【関連記事】

なぜソフトバンクは強い?暴力と言われる強さの要因とは!?

石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?

巨人がソフトバンクに負けた理由のネットの反応

巨人がソフトバンクに負けた理由とは?調整力や育成が原因!?まとめ

今回は、「巨人がソフトバンクに負けた理由とは?調整力や育成が原因!?」について、見ていきます。

内容をまとめると、

・元巨人OBの広岡氏は準備力と調整力の差と分析

・多くのプロ野球OBが様々な見方をしている

このようになりました。

プロ野球は、毎年大きな盛り上がりを見せてくれるので、来年も楽しみですね。

【関連記事】

なぜソフトバンクは強い?暴力と言われる強さの要因とは!?

石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?