スポーツ

メイウェザーと朝倉未来の対戦は実現できる?ルールや体重は?




フロイド・メイウェザー・ジュニア選手が日本で試合をすることが決まりましたが、そこでの対戦相手の最有力候補が、総合格闘家の朝倉未来選手のようです。

ただ、ルールや体重など条件によっては実現が厳しいこともあり得ますが、実現は可能なのでしょうか。

今回は、「メイウェザーと朝倉未来の対戦は実現できる?ルールや体重は?」について、見ていきます。




メイウェザーと朝倉未来の対戦は実現できる?ルールや体重は?

プロボクシングの元5階級制覇王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(43、米国)が来年2月28日に東京ドームで開催される格闘技イベント「MEGA2021」に出場することが16日、横浜市内のホテルで発表された。「ボクシング界との関係を悪化させたくないのでボクサーはない。相手はRIZINの選手。21日次第です」  RIZIN? 21日?  ズバリ水面下で交渉の進んでいる最有力候補はYouTuberとして約160万人の登録者数を誇り、RIZIN7連勝中の朝倉未来だ。引用 Yahoo!ニュース

メイウェザー選手と朝倉未来選手の対戦が実現すれば、かなりの盛り上がりを見せると思いますが、実現するには、体重やルールでの条件の兼ね合いがあると思います。

体重は、メイウェザー選手と朝倉未来選手はほとんど同なので、問題ないと思います。

問題は、ルールで、メイウェザー選手がボクシングルール以外で試合をすることは考えにくいです。

なので、朝倉未来選手側がボクシングルールでの試合を受け入れるかということもあります。

公平に行うために、ボクシングとMMAのミックスルールなどをして欲しいですね。

もし、ボクシングルールですと、メイウェザー選手が有利でしょう。

ボクシングルールでラウンド数を3Rや5Rにすると、良い試合になるかもしれません。

いずれにせよ、朝倉未来選手は以前にメイウェザー選手との対戦をしてみたいとの発言もしているので、ルールや体重の同意ができたら実現する可能性は十分にあると思います。

 

【スポンサーリンク】



メイウェザーと朝倉未来の対戦についてのネット上の反応

メイウェザーと朝倉未来の対戦は実現できる?ルールや体重は?まとめ

今回は、「メイウェザーと朝倉未来の対戦は実現できる?ルールや体重は?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・体重は問題ないがルールの条件次第

・実現の可能性は十分にある

このようになりました。

まだ、実現するのかはわかりませんが、もし対戦することになったら楽しみですね。

【スポンサーリンク】