テレビ番組

紅白歌合戦のジャニーズ7組は多い?アイドル歌合戦との声も?

第71回紅白歌合戦の出場者が発表されましたが、その出場者にジャニーズが7組入りました。

これにはネット上で、「多くない?」「アイドル歌合戦?」との声があります。

今回は、「紅白歌合戦のジャニーズ7組は多い?アイドル歌合戦との声も?」について、見ていきます。

紅白歌合戦のジャニーズ7組は多い?アイドル歌合戦との声も?

ジャニーズ事務所からは、年内で活動休止する嵐(12回目)を始め、関ジャニ∞(9回目)、Kis‐My‐Ft2(2回目)、Hey! Say! JUMP(4回目)、King & Prince(3回目)、今年1月デビューで初出場のSixTONESとSnow Manの計7組が白組で出場する。(カッコ内は出場回数) 引用 Yahoo!ニュース

第71回紅白歌合戦でジャニーズが7組出場することについて、ネット上では賛否の声があります。

今回の紅白歌合戦では全21組出場するのですが、そのうちの3分の1がジャニーズなので、多いと感じる方もいるようですね。

それだけ、ジャニーズの凄さもわかりますが、他のアーティストが見たいという人もいますね。

これは、人それぞれなので正解はないと思いますが、毎年枠を決めておくのが良いのかもしれませんね。

そうすることで、多少はこの問題が解決すると思います。

紅白歌合戦は、多くの人気歌手が出場するので楽しみですね。

【関連記事】

紅白歌合戦にAKB48が出ない理由とは?時代の変化が原因?

紅白歌合戦でGReeeeNは顔を出す?最新情報を徹底調査!

紅白歌合戦のジャニーズ7組についてのネットの反応

紅白歌合戦のジャニーズ7組は多い?アイドル歌合戦との声も?まとめ

今回は、「紅白歌合戦のジャニーズ7組は多い?アイドル歌合戦との声も?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・全出場者の3分の1がジャニーズで多いと言われている

・毎年枠の数を決めておくと良い

このようになりました。

紅白歌合戦では、見たい歌手の方が多いので楽しみですね。

【関連記事】

紅白歌合戦にAKB48が出ない理由とは?時代の変化が原因?

紅白歌合戦でGReeeeNは顔を出す?最新情報を徹底調査!