プロ野球

石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?

東北楽天ゴールデンイーグルスの来季の2021の監督に石井一久GMが兼任で就任したそうですが、それには「なぜ?」との疑問視する声が多くあります。

また、この就任は「成功できない」ということも言われているそうです。

そこで今回は、「石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?」について、見ていきます。

石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?

楽天は12日、三木肇監督(43)の退任、2軍監督への配置転換と石井一久GM(47)の新監督就任を発表した。2年連続で監督を1年で交代させGMが監督兼任するという仰天人事。同時に1、2軍の新組閣も発表したが、来季は優勝、あるいは2位以上の結果を残さねば、GM、監督の両方の責任を問われることにもなるだろう。今季は大型補強で戦力を整えて、優勝候補として序盤は首位争いをしていたが、中盤から失速して55勝57敗8分けで4位に転落、クライマックスシリーズ進出も逃した。果たして石井GM兼任監督は成功するのだろうか。引用 Yahoo!ニュース

来季に石井一久氏が監督に就任することが決まったのはなぜなのでしょうか。

調査してみると、これは最終手段だったそうです。

パリーグの野球に詳しい評論家の池田親興氏は、「この手があったのか、とも、この手しかなかったのか、とも感じた。4位の責任を取らせる形で三木監督を退任させたが、新型コロナの影響もあり、日程的にも、財政的にも外部から監督を連れてくるわけにもいかず、他に選択肢がなかったのだろう。最終手段だったと思う」と、今回の仰天人事を分析した。引用 Yahoo!ニュース

石井一久氏は多くの手段をとってきたそうですが、新型コロナの影響もあり、最終手段として監督に就任することになったようです。

しかし、混乱が大きい中で、来季にチームを優勝に導くことができるのかが大事ですよね。

ただ、不安の方が多いのが現実だそうです。

コーチや監督の経験がなく、外からチームを見ていたので、いざフィールドに立って選手を見れるのかがが不安要素になっているようです。

来シーズン、楽天がどのようなチームになっているのか楽しみなので、注目していきたいですね。

 

【関連記事】

野田昇吾が戦力外で今後はどうなる?獲得する球団はあるのか調査!

石井一久の監督就任についてのネットの反応

石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?まとめ

今回は、「石井一久が監督就任したのはなぜ?成功できない声が多数!?」について、見ていきます。

内容をまとめると、

・石井一久氏の監督就任は新型コロナの影響もあり、最終手段

・監督やコーチの経験がないことが不安要素

このようになりました。

戦力補強や若手の育成がここ数年、楽天はできていると思うので、来シーズンどのようなチームになっているのか注目です。

【関連記事】

野田昇吾が戦力外で今後はどうなる?獲得する球団はあるのか調査!