ドラマ

おじさまと猫の実写化に反対の声があるのはなぜ?理由を徹底調査!

人気コミックの「おじさまと猫」が実写化されましたが、一部では、反対の声もありました。

人気作品の実写化になぜ、反対の声があったのか理由が気になりますよね。

今回は、「おじさまと猫の実写化に反対の声があるのはなぜ?理由を徹底調査!」について、見ていきます。

おじさまと猫の実写化に反対の声があるのはなぜ?

草刈正雄が、2021年1月6日(水)スタートのドラマ「おじさまと猫」(毎週水曜深夜0:58-1:28)で、テレビ東京ドラマ初主演を務めることが分かった。原作は累計140万部を超える桜井海による同名コミック。妻に先立たれて以来、孤独な日々を送る世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈)と、愛されることを諦めていた猫・ふくまるとのハートフルな物語だ。 引用 Yahoo!ニュース

「おじさまと猫」の実写化には喜びのコメントや意見も多くあり、楽しみにしている人も多いです。

しかし、一部では反対の声もありました。

反対の声の多くは、猫の実写化が難しく、ぬいぐるみにするならアニメ化をした方が良かったという理由ですね。

確かに、猫を実写化するのはかなり難しいですよね。

また、アニメ化なら、猫のふくまるの再現も問題なく出来るような気もします。

今回、実写化が決定しましたが、これから先にアニメ化もして欲しいですね。

【おじさまと猫の関連記事】

おじさまと猫の実写化がぬいぐるみなのはなぜ?CGは使わない?

おじさまと猫の実写化の反対の声についてのネットの反応

おじさまと猫の実写化に反対の声があるのはなぜ?理由を徹底調査!まとめ

今回は、「おじさまと猫の実写化に反対の声があるのはなぜ?理由を徹底調査!」について、見ていきます。

内容をまとめると、

・猫を実写化がぬいぐるみであるため

・アニメ化の方が忠実に再現できたと考えられたため

このようになりました。

今回の実写ドラマでは、猫がぬいぐるみなので、残念がってしまう人の気持ちもわかりますね。

また、アニメ化した作品がさらに見てみたくなりました。