ドラマ

おじさまと猫の実写化がぬいぐるみなのはなぜ?CGは使わない?

累計140万部を超える人気コミックの「おじさまと猫」の実写化ドラマの放送が決まりましたね。

しかし、今回のドラマでは、猫のふくまるがぬいぐるみということで、「なぜぬいぐるみ?」「CGは使わない?」との声がありました。

今回は、「おじさまと猫の実写化がぬいぐるみなのはなぜ?CGは使わない?」について、見ていきます。

おじさまと猫の実写化がぬいぐるみなのはなぜ?CGは使わない?

草刈正雄が、2021年1月6日(水)スタートのドラマ「おじさまと猫」(毎週水曜深夜0:58-1:28)で、テレビ東京ドラマ初主演を務めることが分かった。原作は累計140万部を超える桜井海による同名コミック。妻に先立たれて以来、孤独な日々を送る世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈)と、愛されることを諦めていた猫・ふくまるとのハートフルな物語だ。

引用 Yahoo!ニュース

「おじさまと猫」の実写化で、猫がぬいぐるみになっているようですが、残念がっている方が多いです。

なぜ、今回の実写化で猫がぬいぐるみなのでしょうか。

可能性としては、「おじさまと猫」の猫のふくまるは個性的な猫なので、探すのが難しかったことが考えられますね。

また、実際の猫と撮影していくのもかなり難しいと思います。

そのようなことを踏まえて、一部では「CGを使って欲しかった」との声もありました。

個性的な猫を探すことや実際の猫で撮影することも難しいと思うので、ぬいぐるみなのは仕方ないとも思いますね。

その中で「CGを使う」という案は良いなと感じました。

「おじさまと猫」のファンが多いからこそ、話題性もすごいですし、「本物の猫で見たかった」という意見が多かったのでしょう。

ぬいぐるみにはなっていますが、ドラマを見ると素晴らしい作品になっていると思うので、楽しみにしたいですね。

おじさまと猫の実写化がぬいぐるみについてのネットの反応

おじさまと猫の実写化がぬいぐるみなのはなぜ?CGは使わない?まとめ

今回は、「おじさまと猫の実写化がぬいぐるみなのはなぜ?CGは使わない?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・ふくまるに似た個性的な猫を探すのが難しいという可能性

・実際の猫で撮影するのが難しいという可能性

このようになりました。

実写化ではぬいぐるみではなく、実際の猫で見たかったのですが、作品としては素晴らしいと思うので楽しみですね。