スポーツ

柏レイソルのクラスターの原因は?感染経路はわかっている?

J1の柏レイソルが、選手とスタッフ合わせて、13人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター認定されました。

このクラスターの原因は何なのでしょうか。また、感染経路はわかっているのでしょうか。

今回は、「柏レイソルのクラスターの原因は?感染経路はわかっている?」について、見ていきます。

柏レイソルのクラスターの原因は?

 Jリーグは4日、7日開催のルヴァン杯決勝(柏―FC東京、国立競技場)の延期を発表した。柏のネルシーニョ監督(70)を含む3人の陽性判定を受けて3日に選手、スタッフ82人に対してPCR検査を実施。新たに選手2人、スタッフ8人の陽性が確認され、計13人の集団感染(クラスター)となったため。引用 Yahoo!ニュース

柏レイソルで、クラスターが発生しましが、その原因と考えられるのは何だったのでしょうか。

調査してみると、クラブハウス内のスタッフルームが狭いことが原因の一つと考えられているそうです。

ただ、換気や対外試合を組まなかったりなど、対策は講じていたようですが、防ぎきれなかったようですね。

それだけ、新型コロナウイルスの感染力が強いということですね。

クラブハウス内のスタッフルームが狭いことが原因の一つとして、指摘されていましたが、他にも指摘されていることがありました。

これは、チームメイトの誕生日を祝った時のようで、マスクをしていないこと大声で歌っていたことが「今回のクラスターに影響している」と指摘されていました。

チームの中での仲の良さがわかりますが、少し対策が甘かったと言われても仕方ないとも思います。

ただ、どんなに対策をしていても新型コロナウイルスにはなってしまうこともあるので、まずは、復帰に向けて体を休めて欲しいですね。

柏レイソルのクラスターについてのネットの反応

柏レイソルのクラスターの原因は?感染経路はわかっている?まとめ

今回は、「柏レイソルのクラスターの原因は?感染経路はわかっている?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・クラブハウス内のスタッフルームが狭いことが原因の一つの可能性がある

・チームメイトの誕生日を祝った時に密になっていたことも指摘されている

このようになりました。

新型コロナウイルスの感染力の強さはもう知れ渡っていると思いますが、対策をしていくしかないので、引き続き万全の対策をしていきたいですね。