箱根駅伝

箱根駅伝2021は中止!?開催の条件や現状まとめ




2020年11月1日に3大大学駅伝の一つである「全日本大学駅伝」が行われましたが、同じく3大大学駅伝の一つの「箱根駅伝2021」は中止なのか、開催なのか気になりますよね。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、3大大学駅伝の一つの「出雲全日本大学選抜駅伝競走」が中止となりました。

今回は、「箱根駅伝2021は中止!?開催の条件や現状まとめ」について見ていきます。




箱根駅伝2021は中止!?

毎年、年明けに注目される箱根駅伝ですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、通常通り開催するのが難しい状況となっています。

年明けは、箱根駅伝を見るのが恒例という方もいらっしゃると思います。今年が箱根駅伝が中止なのかな?と心配している方も多いと思います。

調査してみると、今年の「箱絵駅伝2021」は開催が予定されているそうです。

皆さん、箱根駅伝の開催を楽しみにされていますね。

今までも箱絵駅伝は多くの方を勇気づけたり、感動を与えているものでした。

今年もどんな結果が待っているのか、早くも楽しみですね。

箱根駅伝2021の開催の条件や現状

お正月の風物詩「箱根駅伝」。関東学生陸上競技連盟は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、来年1月に行われる同大会を「無観客開催」にすることを発表した。しかし、観戦にチケットが必要な他スポーツとは異なり、駅伝は誰もが沿道で自由に応援することができる。これをどれだけ規制できるのかは未知数だ。引用 Yahoo!ニュース

箱根駅伝2021は開催されることが発表されましたが、今までとは異なる無観客開催となりました。

新型コロナウイルスの影響もあり、同じ場所に多くの人が集まると、感染拡大のリスクが大きくなってしまうためでしょう。

ただ、無観客を実現できるか難しいという問題も出てきているそうです。

しかし、これは箱根駅伝が好きな人だからこそ、ルールを守ってテレビで見て欲しいと思います。

無観客にするのが、難しくて大会自体が中止になることの方がもったいないです。

ルールを守った箱絵駅伝の観戦をしていきたいですね。



箱根駅伝2021の開催についてのネットの反応

無観客が不可能なのは分かっている。そのうえで無観客とアナウンスすれば、沿道応援を控える人がかなりの割合でいることを期待できる。
コロナ禍の中、テレビ観戦が無難と思うのが普通。それでも沿道に行きたい人は止められないし、その人たちも密にならないようそれなりに気をつけるだろう。
あれだけの長距離なのだから、出場大学の関係者が密にならないよう対策を徹底すれば問題ない。
5区と6区の沿道は・・・正月は駅伝が目玉の観光地である以上、感染防止対策と観戦を両立できるよう知恵を絞っていただければ。
特にこの区間の応援がないのは選手にとっても厳しいので。「yahoo!ニュース みんなの意見」

 

無観客開催は建前で、実際は例年の7、8割減くらいを目指してるんでしょう。
箱根駅伝は野外だからそこまで減れば密は避けられるし、スタートとか中継場とか密になりやすい箇所はスタッフがよびかければいい。

ただ、自粛の要請と建前上無観客を謳っておかないと観戦したがる人が増えてしまう。

「yahoo!ニュース みんなの意見」

絶対不可能警官や大会関係者が、注意しても歩いてるだけたまたま止まったとか家からでずに見えるひともコース車から応援することも可能走ってるから車すべて警察が取り締まるのも不可能「yahoo!ニュース みんなの意見」

まとめ

今回は、「箱根駅伝2021は中止!?開催の条件や現状まとめ」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・箱根駅伝2021は無観客開催

・無観客開催が実現できるかはまだ未知数

このようになります。

箱根駅伝は、ファンの方や楽しみにしている方が多いと思うので、無観客でも無事に開催して欲しいと思います。

【関連記事】

箱根駅伝2021の優勝予想はどこ?全日本大学駅伝も参考に!