プロ野球

巨人の岩隈の引退の理由は?怪我の影響もあった?

元メジャリーガーであり、現巨人の岩隈久志投手が現役を引退することを発表されました。

実績もあり、メジャーから日本に復帰して、一軍での登板を見たかったファンも多かったと思うので、悲しい気持ちはありますね。

今回は、岩隈久志投手の引退についてみていきます。

巨人の岩隈久志投手が引退

 巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、分かった。日米通算21年間で170勝を挙げ、19年に日本球界に復帰した右腕がユニホームを脱ぐ。

引用 Yahoo!ニュース

日米通算で170勝をあげている岩隈投手は、近鉄→楽天→マリナーズ→巨人というチームでプレーしていました。

メジャーでも活躍されており、ファンの方も多かったのではないでしょうか。

日本に帰ってくるということで、一軍での登板を待ち望んでいたファンも多く、人気のある選手だと思います。

本人も登板したい気持ちも大いにあったと思うのですが、年齢も39歳というのもあり、自分の体との戦いもあったと思います。

現役は引退されますが、今後は監督やコーチをやる可能性もありそうですね。

巨人の岩隈久志投手の引退の理由は?

岩隈投手の引退の決め手や理由は何だったのでしょうか。

調査してみると、岩隈投手は今年の2月に引退を覚悟していたそうです。

 「もし、今年もダメだったら引退する。2年間もチャンスをもらえたわけだから。これ以上、球団に迷惑はかけられないよ。がむしゃらにやるのもいいし、そういう人を否定するつもりはないけど、自分は引き際も大事だと思ってる」。

今年2月の宮崎春季キャンプ中だった。休養日の夜に、巨人・岩隈と宮崎市内の焼き肉屋に出かけた。ファームでリハビリに取り組む右腕にコンディションを尋ねると、冒頭の言葉が返ってきた。 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/19/kiji/20201019s00001173270000c.html

岩隈投手は、引き際も大事にしていたようで、それだけ覚悟をもってやっていたということですね。

今回の引退の理由としては、17年9月に手術した右肩の影響が大きいと思われます。リハビリも行っていたのですが、中々本調子にはならなかったのかもしれません。

実績や実力のある選手が、怪我で現役を引退することは多く、悲しいですがそれほど厳しい世界なのですね。

ネット上の反応

岩隈投手の引退について、皆さんはどう思われたのでしょうか。

巨人ファンだけでなく、楽天ファンの方も岩隈投手の引退が寂しいようですね。

WBCの投手としても活躍しましたし、プロ野球ファンは岩隈投手の実力を知っていると思うので、今後はコーチや監督を期待しているようです。

まずは、一旦ゆっくりして欲しいですね。

巨人の岩隈の引退の理由は?怪我の影響もあった?まとめ

今回は、「巨人の岩隈の引退の理由は?怪我の影響もあった?」についてみていきました。

今まで、数々の実績を残してきたので、今後、コーチや監督をやることの期待が膨らみますね。

岩隈投手、お疲れ様でした。