トレンドニュース

キングオブコント2020はレベルが低い?その理由について調査!

コントNo.1を決める大会の「キングオブコント2020」が9月26日に行われました。

この大会後には、今年は「全体的にレベルが低い」というコメントがネットで投稿されています。

なぜ、このように言われているのか理由を調査していきます。

キングオブコント2020はレベルが低い?

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2020』決勝戦が26日、東京・赤坂のTBSで行われ、ジャルジャルが13代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得。大会1年目から13年連続で準決勝以上という戦績を誇り「『キングオブコント』が一番欲しいタイトル」と息巻いていた“優勝最有力”が、4度目となる決勝の舞台で悲願を達成した。

引用 Yahoo!ニュース

キングオブコント2020の優勝者は、「ジャルジャル」さんです。「ジャルジャル」さんは、1年目から出場しており、悲願の優勝となりました。

しかし、この大会後には「ジャルジャル」さんへの祝福の声も多かったのですが、「今年は全体的にレベルが低い」というコメントも多くありました。

ネットでの様々な声をみていきます。

ネットの反応


今回の大会は、「レベルが低かった」というコメントが多かったですね。

 

ただ、この意見とは真逆のレベルが高かったという意見もありました。

「レベルが低かった」という意見もありましたが、「レベルが高くて最高だった」という意見もありました。

人それぞれ、好きな芸人さんや好みも違うので、評価はかなり違ってきますね。

ただ、コメントの割合で見ると、「レベルが低かった」というコメントの方が多いように感じましたね。しかし、この大会で優勝することはすごいことなので、「ジャルジャル」さんは本当に面白かったと思います。

M-1の方が面白かった?

Twitterのコメントの中には、「M-1グランプリ」の方が、面白く、レベルが高かったというコメントもあります。


「M-1の方がレベルが高い」 と感じている方もいました。

個人的には、「キングオブコント」はコント、「M-1グランプリ」は漫才なので、比べるのは難しいと思いますね。

次の「キングオブコント」では、称賛の声が多くなるような大会になって欲しいですね。

キングオブコント2020はレベルが低い?その理由について調査!まとめ

今回は、「キングオブコント2020」はレベルが低い?についてみていきました。

人それぞれ、感想は異なるので、難しいところではありますが、優勝した「ジャルジャル」さんは悲願の優勝を達成したので良かったです。

次の「キングオブコント」も楽しみにしていましょう。