ドラマ

天国と地獄のマスクの使い方に違和感!?視聴率が2話目から低下!?




この記事では、「天国と地獄のマスクの使い方に違和感!?視聴率が2話目から低下!?」について、書いています。

TBSの新ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」が、2021年1月17日(日)から放送が始まり、初回の視聴率が16.8%と良いスタートを切りましたね。

ですが、初回放送後に「コロナ禍の設定はいらない」「マスクはいらない」などの指摘の声も挙がっています。

詳しく見ていきましょう。




天国と地獄のマスクの使い方に違和感!?視聴率が2話目から低下!?

初回から高い視聴率を獲得した「天国と地獄」ですが、マスクの使い方に違和感を感じている方が多く見られます。

このマスクを使用している理由として考えられるのが、

・コロナ禍の設定

これが挙げられますね。

現在は、コロナの影響でマスクをするのが当たり前になっているので、ドラマでも取り入れたのでしょう。

ですが、視聴者の方で違和感を感じられた方は「全ての場面でマスクをしていない」事に対して設定を統一してほしかったという声が多いですね。

初回放送の電車の場面ではマスクをしていたのですが、仕事場ではマスクをしていませんでした。

ただ、演出の方もマスクの使い方に悩んだのではないでしょうか

俳優さんの表情はドラマを作る中でとても重要だと思うので、なるべくマスクはせずに作品を作り上げたかったと思います。

マスクの違和感に対して、批判している方もいましたが、ストーリーはかなり面白かったので、2話目以降も視聴率はかなり高いような気がしますね。

【スポンサーリンク】



天国と地獄のマスクについてのみんなの声

天国と地獄のマスクの使い方に違和感!?視聴率が2話目から低下!?まとめ

今回は、「天国と地獄のマスクの使い方に違和感!?視聴率が2話目から低下!?」について、見ていきました。

内容をまとめると、

・マスクはコロナ禍の設定

・俳優の表情は大事

・2話目以降も視聴率は高い

このようになりました。

新型コロナの影響は、このようなドラマにも影響を及ぼしているので、1日も早く収まって欲しいですね。